rm /blog

IT系技術職のおっさんがIT技術とかライブとか日常とか雑多に語るブログです。* 本ブログに書かれている内容は個人の意見・感想であり、特定の組織に属するものではありません。/All opinions are my own.*

ダイエット挑戦記2019

2019年のダイエット挑戦記をまとめる。


はじめに

結論からいうと大負けである。
2019年当初にたてた目標「75kgを目指す」に対して全然近づけてすらいない。
まじやべえ。

ただ、やっているうちに気づいてきたのだが、単純に体重落とすことを目的とするのも少し違うのではと思ってきた。
そのあたりの一応言い訳めいたものも含めてダイエットに挑んだ経過を簡単にまとめてみたいと思う。

経過

2018年11月からジムに通い始めているというのは昨年あたりから既に周知の事実である(どうでもいいが…)
よって2019年11月で事務通い1年を突破している。

ジムには身体測定器があり、身長・体重・体脂肪率・筋肉量等を事細かに測ることができる。
たまたま偶然2019年2月上旬にこれを計測し、2019年7月上旬にも計測した。
ちょうど同じスパンだとわかりやすいと思い、2019年12月にも計測した。
要するに2019年は、2月ー7月ー12月の3回、計測したのである。

間を5か月開けているのにはあまり意味はない。
2月に計って以降、計っていなかったので、ふと思い立って計ったのが7月で、その時点で最後の計測から5か月空いていたから、じゃあ次も5か月開けて12月に計測するか、となっただけである。
ただこれは、今にして思えば、もっと頻繁に測っとくべきだったなと反省している。。

各計測時における主要なデータは以下の通りである。

測定日 体重(kg) 筋肉量(kg) 体脂肪量(kg) 体脂肪率(%)
2018/11/18 79.6 59.4 16.6 20.8
2019/ 2/ 3 78.8 60.3 14.8 18.8
2019/ 7/ 7 78.3 62.1 12.4 15.9
2019/12/ 8 78.7 60.2 14.8 18.8

注目したいのは、2月→7月の間で、体脂肪が2kgくらい減り、代わりに筋肉量が2kgくらい増えている。
このため全体としては±0で相殺され、体重にほとんど変化がないのである。
逆の作用(体脂肪UP、筋肉量DOWN)が働いてしまってはいるが、7月→12月についても同様で、体脂肪と筋肉の増減がほほぼほ同値になるため、体重が減らないのである。
この現象自体は7月に計測したときに判明していた事実で、言い訳がましいが、この時点で「このままじゃ75kgって目標は無理だな」と思うに至った。

12月の計測値に関しては、特に脂肪量でいえば、2月の計測値と同値になってしまっている。
2月→7月の5か月の間の「貯金」が7月→12月で見事に使い果たされ、スタート地点に戻ってしまっている…
思い当たる節がないとは言えず、2019に腰をやった件にも書いた通りで、腰を痛めてからというもの、特に11月中は一回もジムに行けておらず、これによる影響が一番大きいと考えている。
つまり5か月かけて作り上げたものはわずか1か月さぼるだけで簡単に消えてなくなるという、なんとも恐ろしい事実を目の当たりにしたのである。

そもそも週に一回ジムに通う程度ではダイエットにおける効果は薄い(その程度で稼いだ貯金は1か月何もしなければすぐに戻る)、ということなのだろう。
ジムに行く以外、一切筋トレをしていなかったので、「週に一回ジムに行っている」という事実が、心のどこかで「ダイエットに対する対策をちゃんと心がけている」という謎の余裕を生み、結果それ以外のトレーニングをしない免罪符にしてしまっていたのだと思う。
ジムに全くいかないよりは行ったほうがいいのは勿論そうなんだろうけど、それが週一程度だと大して効果がない。
自宅でも継続的な筋トレをしないとだめってことなんだろうね。

今後について

2月→7月の計測結果を見る限りでは、「体重」という観点でダイエットに挑んでもあまりよくない、と思った。
脂肪が減って筋肉が増える分、体重自体には変化がなくなるからである。
なので、目標の項目を「体重」から「脂肪量」に変えて、こちらの数値を下げることを目標とした。

また、これは目標そのものとは直接関係がないが、ジムに通うこと自体は2020年も継続するが、上述した通り、それだけに頼っていても恐らく満たせないので、自宅での筋トレも始める。
というより、これを「習慣づける」というのも目標の裏項目として存在している。
「習慣づける」というのが何よりも大事だ。

2020年の目標にも書いたが、今年の目標は体脂肪量12kgだ。
がんばれ俺!!