rm /blog

IT系技術職のおっさんがIT技術とかライブとか日常とか雑多に語るブログです。* 本ブログに書かれている内容は個人の意見・感想であり、特定の組織に属するものではありません。/All opinions are my own.*

最近のこと

・朝髭を剃る時間がないので、夜寝る前に剃っている。

・多分睡眠時間が足りないんだろうが、休日はひたすら眠い。普通に昼過ぎまで寝る。SMAPか。

・終電まで仕事して、家帰ってから家のパソコンで仕事することが増えた。

・花粉症と思われる症状が出てきた。つらい。

・2月の末にIEが突然の起動直後停止。焦ってyahooのツールバーとか全部アンインストールしたが復旧せず。どうも原因はNortonのアップデートによる副作用だったようである。ビビらせやがって……

この件で気にしているのは最早自宅のパソコンの動作不良とかそういうんじゃなく  過去、俺が開発したシステムで「IEのみサポート」にしているシステムへの影響である。 全世界的な影響があったようだし、システム開発範囲外の話だからベンダーとしては「大変だね」って感覚でもあるが エンドユーザーのIEが使い物にならないとなればシステム業務はまわらなくなる。 復旧が長引くなら特別対応で業務支援等をする可能性もあるし、 復旧が早い段階で行われてもその間できなかった業務があるタイミングで一点に集中してしまい 日次処理等に影響を及ぼす可能性もある。 結果的にまったく話題にすらあがらないほど何もなかったが 

そうした意味でもなかなか肝を冷やした案件だった。

 

あと、もともとそれほどニュース見るほうでもないんだが、 繁忙プロジェクトに入ると必ず陥るのが 世間で話題のニュースのことを全く知らず、世の中に取り残されたようになる感覚である。

たとえば、2010年下期~2011年上期だったと思うが、 もろもろの事情もあり当時はとてつもなく忙しいプロジェクトに配属されていたが、 その頃確かオセロの中島?だっけ、とにかく黒い方が 占い師だかなんだかに洗脳されたとかいうニュースが世間で一躍話題になっていたということだった。 しかし俺がそれを知ったのは一番ホットだった時期から1~2か月後になってからだった。 その頃には当然ほとぼりも冷めているので大した時間もかけずにさらっとそのニュースが語られて終わるのだが 「オセロの中島占い師に洗脳」というキーワードを初めて聞いた人間からすると衝撃的であり、 それを聞いたとき「そんだけかよ!?」って思ってしまったのも正直無理はないと感じてしまう。 当時は家に帰ってからテレビなんてつけることはなく、 風呂入って飯食って酒飲んで寝るだけの場所だったので、 そんなニュースが話題になっていたのかということ自体知らなかった。 (なんかVIPでそんな話題のスレがちょこちょこたってたけどあんまり気にしなかったというのが実情)

最近もそれに近い感覚がある。 川崎市の中学生殺害事件である。 さすがにオセロ中島のときと違い1か月も空けずに存在を知ったものの、 事件発生当時に比べると全然遅いタイミングだろう。 いろいろな背景があるようであるが、全くなんのこっちゃよくわからんというのが個人的な実情である。 こういうニュースを知ってるからなんだったことはないが、 知らないゆえに世間に取り残されてるというのを感じるのはなんともさみしいものである。