rm /blog

IT系技術職のおっさんがIT技術とかライブとか日常とか雑多に語るブログです。* 本ブログに書かれている内容は個人の意見・感想であり、特定の組織に属するものではありません。/All opinions are my own.*

ロックマン3の思い出

これ↑見てたらふと思い出したので書く

 

ロックマン3は、俺が小学校低学年くらいの頃にリアルタイムで買って遊んだ記憶がある。 この後発売される4、5、6も同じだが 友達同士でパスワードの情報交換をすることがあり、 それが楽しかったのを覚えている。

ロックマン3には、 2コントローラーの上だか下ボタンを押しっぱなしにしていると大ジャンプできる という裏ワザがあって、 なぜか俺が当時住んでいた町ではこれを「パーなし」と呼んでいた。 誰がどういう理由でこの裏ワザを「パーなし」と名付けたのかは全くわからなかったし 子供ながらにも「大ジャンプできる」という裏ワザと「パーなし」という単語が全く紐付かなかったが 当時はその辺はあまり気にしていなかった。

よくは知らないが「パーなし」の”パー”の部分はジャンケンの”パー”だと聞いたような記憶がある。 つまりジャンケンから”パー”を除くという意味である。 =”グー”と”チョキ”だけになる、という意味である。

だから何?それと大ジャンプと何の関係があるの? というのはもっともだと思う。 俺も未だにこの裏ワザ名の由来がわからない。


で、だ。

ロックマン3では、 他作品と同じように、針にあたるとティウンティウンして画面上からロックマンが消滅してしまうが、 穴に落ちると、一瞬にしてライフゲージが0になって直後ティウンティウンの効果音が鳴るものの、 実はその瞬間はまだ「生きていて」、 直後にこの「パーなし」を使って大ジャンプさせると 落ちて死んだはずの穴からロックマンが元気よく飛び出す という現象が起きる。 そのあと普通に地面に着地すると穴に落ちて死んだはずなのにゲームが再開できるのだ。 (ただし穴に落ちた直後に音楽がストップするので、その後は無音になる) しかも落ちてティウンティウンした直後にライフゲージが0になってるので、 そのあとはいくらダメージ受けても死ぬことがなくなる。 →何回食らってもティウンティウンしないのだ まるで地獄の底から舞い戻ったゾンビさながらのロックマンが体験できるのである。

当然穴があるステージでしか使えないのだが、 穴があるステージでは大抵この「パーなし」と併用したゾンビ化の裏ワザを使って 不死身状態になって遊んでいた。 一度ゾンビと化した後にわざともう一度穴に落ちてもっかい復活、とか わけのわからんことをやっていたりもした。

注意が必要なのは、ライフゲージが0になった後に体力回復を取ると、 せっかくライフ0で不死身と化したのにちょっとだけ回復することで命ある身に戻ってしまうことだ。 この後ダメージを食らってライフ0になるとマジにティウンティウンする。 これがこの裏ワザの要注意事項になる。 よってゾンビ化した後は体力回復をとってはいけないのである。


実はロックマン3でこのゾンビ化の裏ワザができるステージ =つまり穴があるステージ、というのは割と少なくて、 スネークマン・ジェミニマン・タップマン・シャドウマンあたりのステージくらいだったと記憶している。

肝心のDr.ワイリーステージにはあまり穴がないもんだから 結局重要なポイントでは自分の腕が試されることになる。 限定的な部分でのみ可能な「遊び」だということである。 これを通して何が言いたいというわけではないが ふとロックマン3の動画を見ていて思い出した、という感じである。 あの頃は楽しかったなあ(遠い目)