rm /blog

IT系技術職のおっさんがIT技術とかライブとか日常とか雑多に語るブログです。* 本ブログに書かれている内容は個人の意見・感想であり、特定の組織に属するものではありません。/All opinions are my own.*

【ストレイテナー】COLD DISC感想

COLD DISCゲットだ!! COLD DISC(初回限定盤)(DVD付) - ストレイテナー
COLD DISC(初回限定盤)(DVD付) - ストレイテナー

 

収録されているうち、発売済みのシングルカット曲については、シングル盤でもうすでに聴いているので、 新収録となった4曲について感想をば

 

1.原色

さすがリードトラック、ってかんじ!

何度もリピートしてしまう。 なんだかんだこのアルバムで一番好きだな~これ。。。 映画のタイアップにも使われてるらしいが、 その前提知識があるためか黒い背景に流れるスタッフロールで流れるBGMのイメージが根づいてしまった。 ライブで聴いてみたいなあ。 イントロ何度も聴いてるとスキマスイッチのゴールデンタイムラバーに聴こえてくるな… 俺だけか……?

4.Alternative Dancer

イントロからの数十秒でまず思った第一印象は「何か似てるな」っていうひっかかり。 聴いてるうちに思い出したのはこれ(School Food Punishmentの「you may crawl」)だった 必ずしもリズムに従わない歌詞っていうところがマッチしたのかな。 School Food Punishmentなんて(ましてや↑の「似てるな」って思った曲なんて)数年聴いてないが、潜在意識で結びついたのだろうか。 ”リズムに従わない歌詞”って点だとLIVESとも通ずるところがあるね。

5.Dark City

曲名に「Dark」が入ってるのに明るい曲調。

「Dark」というキーワードから勝手にDark Blue Dayと似た曲かと勝手に連想してたが全然違った。意外。 これはこのアルバムで「原色」に続いてお気に入り。 今度のツアー名「Step Into My World」はこの曲の歌詞からきてるんだね。 てっきりリードトラックの「原色」のほうに歌詞があるもんだと…… そして、ツアー名を冠するだけあってノリのいいアップテンポな曲。 ツアーライブの1曲目にふさわしい気がする。 前作「Behind The Scene」の「Asshole New World」と役割が近いだろ、たぶん。(勝手な思い込みかも)

9.Goodnight, Liar Bird

イントロで思ったのは「REST」に似てるなって印象。 そこまでリズム感が派手でなかったところで、突然激しくなるサビは「星の夢」とかに似てる気がする。 そして3:00くらいから始まり、曲ラストまで続くメロディは美しすぎる。 このメロディはentの「at the end of the blue sky」に似てる。 そういう点を総合すると変化の激しい曲って印象になるのかな?

10.Force

これライブのシメにいいな~。 MARCHのシメと近いものがある。 これでオリジナル分シメてそのあとアンコール、って感じが王道パターンとして確立できる、 そんな雰囲気を醸し出してる。 イントロの入り方はFREE ROADかと思うほどゆっくりと力強いが、 2番以降ドラムの刻み方?が増すのでテンポがあがってロックナンバーに立ち替わる。 その点はSAD AND BEAUTIFUL WORLDとかThe Place Has No Nameとかに似てる。 「負けられない戦い」ってキーワードが 「原色」でタイアップしてるサッカー映画との関連性を連想させてしまう。 サッカーになんかこだわりでもあるのか。


前作Behind The Sceneでも新収録の曲は少ない方だったが、 今回のアルバムもシングルカットされてる曲除くと4曲しかなく、唯一その点が不満といえば不満か。

一方でシングルカットされている曲が激しめのロックナンバーではないものが多かったが 逆にアルバムオンリーの収録曲は比較的アップテンポなロックナンバーが多く、 その意味ではスゴク「収穫あり!」っていう思いが強い。 アルバム全体の曲の印象はNexusくらいの頃まで若返ったんじゃないかっていうイメージ。 (っていうかもうNexusって7年前なんだな…自分で言っといてヒくぜ……) Behind The Sceneとは違った意味で名盤であることを確信できる。