rm /blog

IT系技術職のおっさんがIT技術とかライブとか日常とか雑多に語るブログです。* 本ブログに書かれている内容は個人の意見・感想であり、特定の組織に属するものではありません。/All opinions are my own.*

【ストレイテナー】Broken Scene Tour@渋谷クラブクアトロ

いってきたぜ渋谷クラブクアトロ!!

20170615_DCWkGc9VoAAoC_c.jpg


 

セトリ↓(有志がすでにツイッターに挙げてるが……)

-----------------------------------------------------

Melodic Storm

原色

A SONG RUNS THROUGH WORLD

The World Record

Alternative Dancer

From Noon Till Dawn

月に読む手紙

Lightning

A LONGWAY TO NOWHERE

DAY TO DAY

シーグラス

REMINDER

[EN]

Little Miss Weekend

BERSERKER TUNE

-----------------------------------------------------

 

いやーもうスゲーセトリですよ。

まず最初の3曲ヤバイ!!

しょっぱなメロストとは誰が想像しただろうか!!

そして続けざま原色!

畳み掛けるようにA SONG RUNS THROUGH WORLD!!

もうこの辺ですでにおなか一杯感あるくらい最高なセトリ

これ終わった後一瞬MCタイムはいったがすでに汗だくでしたよぼかあ

 

セトリの中では「月に読む手紙」がライブで初めて聴いた曲。

思ったよりライブ映えする曲だなと感じた。

(ミドルテンポの明るい曲なんで、そこまでライブ向きではないと思っていた)

 

LONGWAYも久しぶりに聴いた様な印象がある。

アルバム「STRAIGHTENER」にはLONGWAYはじめ名曲が多いのだからもっとやってほしいです個人的には。

 

アンコール1曲目に入る直前のMCでは、

ホリエの「アンコールはビバラはじまりで!」という呼びかけから始まった。

シンペイが「最初俺のカウントからだよね、、、?」って確認してたくらいだから

もしかしたら事前の打ち合わせナシだったのかもしれない。

ひなっちもわかってない風だったがちゃんとやってたあたり知ってたんだろうな~(笑)

…という流れでアンコ1曲目「Little Miss Weekend」!

VIVA LA ROCKはこれで開始したってことなんだろう。

Behind The Tokyoのライブ音源では聴いていたが、

最近のLittle Miss Weekendのひなっちのベースから入るアレンジは最高にカッコイイ!めっちゃ盛り上がる

 

そして続けざま、シンペイの「渋谷クラブクアトロの、狂戦士に捧ぐ!!」からのBERSERKER TUNE!!

死ぬかと思ったぜまじで。

 


 

対バンっていう性質ゆえか完全ワンマンに比べると曲数は少な目。

欲を言えばもう少し聞きたかったが。。。

まあ横浜もいくしいいかって感じである。

 

今日のホリエのノリはバンドマンっぽくてよかったなあ。

程よく客をアオってたし、MCもグダグダせずスムーズにやりこなした。

一昔前のちょっと「尖ってた」時期と

最近の緩い雰囲気のテナーがうまく混ざり合ったみたいな、そんな印象を受けた。

非常によかったです。

 


 

対バンだった「きのこ帝国」は、

対バンとして挙げられるまで全然知らなかったが、なかなかいいバンドだった。

 

事前にちょっとだけ予習していったのだが、「海と花束」「怪獣の腕の中」は結構いい。

あと「春の修羅」っていうフラストレーション満載のロックナンバーが結構好きなんだが

これは今日のライブではありませんでした。

生で聴いてみたい。

 

女性ヴォーカルのバンドって自分の趣味嗜好と近い感覚のバンドがあんまりいないので

ちょっと前の日記で書いた「School Food Punishment」はその数少ない一つだった)、

常日頃から探し続けてるんだけども、

このバンドは結構近いベクトルにいるようだ。

ちょっと音源探ってみようと本気で思っている。

 


 

渋谷クラブクアトロって初めて行ったんだが、あんな街中に普通にポツンとあるんだね。

4階と5階がライブハウスで、1~3階はブックオフとかのテナントだから、

1階にたどり着いただけでは「ここで合ってんのか…??(;´・ω・`)」と不安になった。

 

例えば新木場みたいに、

「その日その時間駅降りるやつはだいたい全員STUDIO COASTいく」

みたいな場所だと、

その辺歩いてるやつ全員バンドT着てるしついていけば絶対迷いなくライブ会場つけるものだが、

渋谷はただでさえ人が多いしその方向に別の目的で行くやつも多数いるだろうから、

ライブ会場までたどり着くのは結構大変だった。

(加えて↑でも書いたけど1階部分は一瞬ライブハウスっぽくない感じのたたずまいだから余計にね…)

 

テナーのツイッターとか見てると、地方のライブハウスは結構小さい印象あるが、この渋谷もそれに近い印象を覚えた。

渋谷ってだけでもっとでかい箱なのかと思ってたよ。。

普段は、テナーに向かって左側/テナー側から見ると右側が機材置き場になっているらしく

そこが完全開放されてスペース確保していたようだが、それでも新木場とかに比べると小規模。

まあでも、あれくらいこじんまりしてるほうがいいかもね。

アコースティックとか聴いてみたい。

 


 

物販は

・Tシャツ(最早定番。ライブに来た「証」も兼ねるため買わずにはいられないのだ)

・フェイスタオル(これも最早定番。ライブに来た「証」を兼ねるが7割型使用用途は家の洗面所だ)

・ラバーバンド

・オーディエンスパス

である。

 

オーディエンスパスとか今まで買ったことなかったのだが

安いしライブに来た何よりの「証」なので買っておこうかと思って記念に購入。

これ集めていくとスゲーことになりそうだな。

次の横浜でも買おう

 


 

次は横浜!

次も最高のライブ期待してるぜテナー!!

 

最後にツイッターでも↓