rm /blog

IT系技術職のおっさんがIT技術とかライブとか日常とか雑多に語るブログです。* 本ブログに書かれている内容は個人の意見・感想であり、特定の組織に属するものではありません。/All opinions are my own.*

【Nothing's Carved In Stone】Pyramid Act@Zepp Tokyo

いってきたぜPyramid Act@Zepp Tokyo!!
IMG_1484.JPG


 

 


ライブはまず9mmからスタート!
比較的新し目の曲からの出展が多く、序盤は爆音に身を任せて揺らついてるだけwの印象だったが、
「ハートに火をつけて」あたりからおっ!っていう感じになり
続く「Cold Edge」で爆上がり
そのうえ「Punishment」という初期の曲が出てきて俺はもう感動してしまった
ラストの「太陽が欲しいだけ」で豪華なしめくくり。
アルカラKAGEKIでもおもったけど、Cold Edgeはヤバイ、
ツイートもしたけどこれ定期的に聴くだけでダイエット効果あると思うほど汗かく。
テナーでいうところのBERSERKER TUNEみたいな位置づけかな?
会場もイントロ時点で既にヤバイ盛り上がりになるよね!

9mmの出演は40~45分前後だったと思うけど、
曲数は10曲くらいあって、体感的に1時間は超えていた気がする。
バクホンは8曲だし、トリのナッシングスですらアンコ含めても11曲。
そういう意味で言っても、この曲数は、
ワンマンでない割にはなかなかガッツリ感のあるライブだった。
多分、1曲1曲がそこまで長くない(3分前後?)からなんだろうね。
ワンマン行くとすげえ曲数聴くんだろうなあ。
行ってみようかな。
しかし年齢層が若そうだなあ笑
前方付近の暴れっぷりがものすごそう(´・ω・`)





続いてバクホン
ブラックホールバースデイ」から始まり、
準備万端にしてもらったところで「孤独を繋いで」!
この曲やっぱり最高だぜ思わず叫んじまう(´;ω;`)
おっお(^ω^)
おっおっお(^ω^)
違いますねすいません。

その後「罠」「美しい名前」と続く。
「罠」はアルバム「パルス」の中でも存在感が強い良曲、
ライブで聴いてみたかった曲の一つだから聴けて満足!
「美しい名前」はその曲の通り美しいバラードで、
アルカラKAGEKIでも聴いたと思うが、
こういういろんなバンドの来るライブでは結構定番曲なのかな?

続いて新曲だという「グローリア」!
がっつりしたパワー感のあるロックナンバーで、
バクホン内では比較的ポジティブwなイメージもある良曲だ!
これはベストアルバムに収録されるというので是非ベストを入手したい!!

そして「コバルトブルー」!「刃」!!
ここで再び汗だくに戻る
この最後の2曲がとんでもない組み合わせで
立て続けに超必殺技2回叩き込まれたみたいなインパクトがあった!
そしてやはり「刃」は9mmのCold Edge並のダイエット効果があることを再認識したッ!




トリのナッシングス!!
セトリはこれだ!!
-------------------------------------------
Spirit Inspiration
Like a shooting star
The Poison Bloom
Red Light
Milestone
In Future
Sing
Out Of Control
November 15th
[ENC]
Shimmer Song
Isolation
-------------------------------------------

注目したいのはあえて毒っぽく紫太字にした
The Poison Bloom
The Poison Bloom
The Poison Bloom
だ!!

まさかここで聴くとは思わなかった、
「まさか」って感じだが「グッ」ときたぜ!!(`・ω・´)

ライブはSpirit~から始まり、
続くLike a~でもう満足度は既に120%くらいに達していたが、
続く曲が上述したPoison Bloomでうおっ!?となり、
Red Lightでまた元のルートに戻っていった感じ。
超スピードのジェットコースターに乗っててノリノリで楽しんでいたら
突然思わぬ方向に向きを変え出して
「おい!まじか!そっち行くのかよ!?うひょー!!」
っていう感じになった(それがPoison Bloom)、

といえば伝わるだろうか。。。(無理か)
まあそれくらいPoison Bloomが意外だったという話である。
テナーくらいがっつりライブ行ってると、
ワンマン級ならちょこちょここういうことが起きるので最早慣れっこになってきたが、
ナッシングスでこういう演出をかまされたのは意外性突かれて嬉しい。
そしてこういうのに「嬉しさ」を覚える程度にナッシングス好きになったんだなあ、
と思うとまた感動してしまうのだ!

フォロワーさんも言ってたけど
「In Future」のあたりで拓さんが「肘入れてけー!」って言ってたのが面白かった。
アスリートの育成コーチみたいだ…
「In Future」でこれなら「きらめきの花」にはもっと鋭い突っ込みが入りそうw

「November 15th」はオニイのドラムの連打力(?)があがっていて、
原曲にないスピード感が出ててオリジナルセトリのラストを締めくくるのにとても良かった。
演奏中にひなっちがオニイのシンバルを手で叩くというお茶目もあって、
何か微笑ましくもあったぞ。
ひなっちが生き生きしてるのがいいんだ!

ここで一度お開きになり、アンコールで、
9mmの菅原卓郎氏・バクホン山田将司氏を呼んで3ボーカルで「Shimmer Song」!
菅原氏はともかく山田氏はぱっと聴いた感じ松村氏と遜色ない感じを受けて、
バクホンぽさがなくなっていたな(まあ曲自体がバクホンっぽくないか)。
菅原氏は声が特徴的だからまた一風変わった感じのShimmer Songだった気がする。
菅原氏の声は本質的には優しいから(個人的な感覚)、Shimmer Songと合ってるなあ。
しかし「Shimmer」って付く曲はthe HIATUSのも然りで名曲が多いな!(まあこの2曲しか知らないがw)

続いてナッシングスオリジナルメンバー4人で「Isolation」!
野音のときのように拓さんの特別演出があってのスタートではなかったが、
がっつりと堪能させていただいた。
やはりこれを聴かなきゃナッシングスのライブに来たって感じがしないぜ!!




ライブ中(9mm終了~バクホン開始までの間)、
ビールエリアで並んでいたら、
FULLARMORでお会いしたフォロワーさんと偶然お会いした!
こういう出会いはいいよね!
バクホン開始前にわかれてしまったが是非またお会いしたい!

また、終演後に、これまた別のフォロワーさんとお会いできた。
その人とは帰りの方向が同じで途中までいろいろお話して帰ったが、
電車の帰り道じゃ話しきれないくらいテナー・ナッシングスの話をもっとたくさんしたかった!
こういう交流をもっと広めていって是非テナー好きの人とがっつりじっくり会話したい!!
(ホントにものすごく切望している)




ちなみに今回、そもそもライブ会場にたどり着くまでが結構しんどくて、
仕事が長引いたうえ
山手線は事故遅延で劇混みだし
そのうえりんかい線が8分遅れの異常事態
という三重苦により東京テレポート着くなり猛ダッシュ
おかげでライブ会場ついたのは開演3分前の18:57、
一息つく間もありゃしない…(´・ω・`)

ここまで忙しなかったのは5月の野音以来だなあ。
あのときも開演ギリギリになったので走って向かったのだった。。
おかげでライブ始まる前から既に汗だく、
こんな疲労困憊状態で3本の爆音ライブを受け切れるのか?!という不安がありつつも
ライブは待ってくれず会場入りした直後くらいにすぐさま開始された。。(心の準備が…!)

遅れ気味に到着したこともあり、
「どうせ会場のロッカーは空いてねえだろうな」って思ったから
東京テレポートの高額コインロッカー(\700)を使った。
いやスペース的には\300のところで十分事足りるんだが
恐らく同じこと考えているライブ参戦者が多くいたこともあってか
俺が東京テレポートついたころには\300,\500のロッカーは全て埋まっていて、
\700のロッカーしか選択肢がなかった。
多分スーツケースとかその辺でも十分入るくらいの縦長スペース。
そんなにスペースいらないから安くしてほしいんだぜ…
しかし終演後にフォロワーさんに聞いた感じでは「まだ会場内ロッカーも空きがあった」とのこと。
失敗した。
まあ現地行って困るのも嫌だしね…

どうでもいいが、なぜかこの日、「今日のライブは豊洲PIT!」と思い込んでいた。
16時過ぎくらいに職場でTwitterのTL眺めていたら
趣味の近いフォロワーさんが「Zeppへ向かうぜ!!」みたいなことつぶやいてたから
「へぇ~…今日Zeppでなんか(俺も好きなバンドのライブ)あったっけかな……」とか呑気なこと考えていたほどだ。
気になって調べてみたら
Zepp Tokyoの「今日のスケジュール」に「9/14(木)Pyramid Act」とか出てきて!!?(´・ω・`;)ってなった。
「ナッシングスの次のライブは豊洲」という謎の先入観があったのだな。
多分、今年のNovember 15thが豊洲PIT開催だからだと思うが…
後で見返したらちゃんと手帳にも「Zepp Tokyo」と書いてあったから完全に勘違い。
いやー、Twitter見といてよかった。
何も見なかったら恐らく俺は豊洲へ向かっていただろう。
そしてもし間違って豊洲行ってたとしたら上述した電車遅延により確実に開演には間に合わなかっただろう(´・ω・`)




上述したように電車の遅延により開始前に物販を探ることはできず、
終演後も余韻に浸りながらビール飲んで物販空くのを待っていたら
「Pyramid Actのオフィシャルグッズはもう全部売り切れ」とのこと、、
つまり各バンドごとのオフィシャルグッズしかない。
これは非常に残念だった……
しかし手ぶらで帰るわけにはいかないので(意地w)、
前から欲しかったiPhoineケースを購入ッ!
IMG_1489.JPG

テナーのが出たらそっちに買い替えてしまいそうだが
とりあえずしばらくはこれでいく!!
職場の卓上カレンダーもナッシングスだし、
ナッシングス愛がすごくなってきたぞ!!




しかしなんでかわからんがこの日はZepp会場内はやたら電波が悪く、
全然ネットが繋がらなかった。
↑で書いたフォロワーさんも同じこと言ってたから全員そうだったんだろうな…
WifiZeppのが出てたから、先んじてこっちにつないでおけばもっと快適だったのかもしれん。
(パスワードわからないから繋げなかったが)

各バンドの終了後、会場内をうろついてるときは、
一度機内モードにする⇒しばらく(10秒前後)待つ⇒また4G回線に戻す
って方法で4G回線復帰後一時的に電波が戻る(すぐ落ちるけど)ので、
そんなことしてTwitter見たり投稿したりしてました。
なぜかZeppの外に出ると電波が快適で、
終演後にフォロワーさんと連絡取り合ったりするのは問題なかったが。。




Pyramid Actはものすごく楽しめた。
いいライブだ。
また是非やってほしい。
これは毎回行きたくなる魔性さを持っている。

一方で少し恐怖を感じているのは、
ACIDMANのイベント「SAI」には10バンドが参戦するという事実だ。
今回、9mm・バクホン・ナッシングスと3バンドで約3時間、
これでも結構がっつり体力使ったように思うが、
SAIに参戦するバンドは今回の約3倍である。
しかもSAIには主力ガチ勢力ストレイテナーがいるのだ。
死ぬんじゃないかな?(´・ω・`)