rm /blog

IT系技術職のおっさんがIT技術とかライブとか日常とか雑多に語るブログです。* 本ブログに書かれている内容は個人の意見・感想であり、特定の組織に属するものではありません。/All opinions are my own.*

【フェス】2018/01/07 HINA-MATSURI@豊洲PIT

いってきたぜHINA-MATSURI@豊洲PIT!

 

IMG_2670.JPG


 

 
【もくじ】

1.Nothing's Carved In Stone
2.Yasei Collective
3.FULLARMOR
4.HINATA'S SESSION
5.LITE
6.ストレイテナー
7.おわりに




   1.Nothing's Carved In Stone

セトリ↓
-----------------------------------------------
Depends[ひなっちソロ]

Gravity
Out of Control
The Poison Bloom
Mythology
Milestone
Trans A.M.
Spirit Inspiration
November 15th
-----------------------------------------------

ひなっちソロのインスト曲「Depends」から、
転換無でそのままナッシングスメンバー登場→Gravity!という構成!

ナッシングスメンバー登場前から、
Gravityのイントロっぽい「唸る」ベースをひなっちが演奏し続けていて、
そのままGravityが始まるという演出は素晴らしかった。
テナーやフルアーマーでもやってほしいですね!
開始前にはオニイやウブさん、拓さんらとひなっちが軽いハグをしていて
改めてこのイベントにおいて、メンバーのひなっちに対する愛を感じたね。

新曲「Mythology」は、今回でもう3回目(November 15th,CDJ,今回)なので、もうなんとなく曲調覚えてしまったw
まあ音源は確実に買うんだけどね。
the HIATUSの「Life in Technicolor」ももっかい聴けばなんとなく覚えそうなんだけどな…

そしてイベントの特性上、ひなっちが目立つ曲が演られるだろうなという印象はあったが、
まさしく予想通り「Trans A.M.」が披露された!
3rdからの出展はレア度があってとても良い!!
もっとやってほしいよね。
Chain ReactionとかSpiral BreakとかTruthとか。
(毎回言ってるけど…)

というか後半、「Milestone」からの流れが全体的にヤバイ、
汗かきすぎて開演前に飲んだビール3杯全部デトックスするレベル。
Spiritのとき何人か転がってましたな。

というかナッシングスに限らずテナーでもなんだけど
年甲斐もなくピョンピョン跳ねまくったせいで翌日筋肉痛になったww
筋肉痛が翌日来てくれる分だけまだマシかもしれんね。

個人的には、
いつものライブ鉄板曲はむしろ少数派(アイソレとスピリットとShooting starくらい)で、
他は全部ひなっち全開のレア曲で埋まるんじゃねえのか、
くらいの予想していたんだが、
Trans A.M.除くと大体フェス向きの曲で埋まった感じなのかな。
The Poison Bloomだけちょっと毛色が違うかもしれないが、
ピラミッドあたりから比較的よく見かけるしね。
ひなっちがベースでゴリゴリする、Midnight Trainとか聴きたかった感はあるが。

しかしまあ初っ端から飛ばしまくりのすげーライブでしたよ。
初っ端のくせしてこの日一番汗かいたかもしれない。
これにてナッシングスのライブ始め!




   2.Yasei Collective

予習できていなかった(つまり完全初見だ)が、
実は後方で酒飲みながらのんびり見ておりました。
インストバンドっての知らなかったからてっきり歌うんだろうなと思ってた。勘違い。

インストバンドって、LITE、スペアザ、FULLARMORしか聴いたことなかったんだけど、
それぞれに個性が合って面白いよね。
野生は野生でしっかり方向性があってよい。
雰囲気的には、フルアマにもっと電子打ち込みの加工音加えた感じ。
そう書くとライブ向けじゃなさそうな感じもするが、
音は大きくてダイレクトに伝わって来るし、加工音との相性がすごくいい。
ライブ向けのバンドだなと感じました。

むしろ逆に音源を聴いてみたくなりますねこれは。
多分全然違うように聞こえるんだと思う。
余裕があったら聴いてみよう!
インストの幅を広げていきたいですね。

※セトリは探せなかったので割愛




   3.FULLARMOR

セトリ↓
※Live Fansになかったら俺の記憶便り
-----------------------------------------------
(リハ)ナイアガラ
華厳-kegon-
#5
(新曲)
DEPARTURE
FogLamp
Money & Game
ELEPHANT KING with タブゾンビ
-----------------------------------------------

リハでなんとなくナイアガラ(の一部抜粋)をやって、
「これ一回掃けます?掃けますか。掃けますね。
 ごめんなさいねフルアーマーこういうところ緩くて…
 フルアーマー全体的にこういう緩い感じでやってくんで」

とか言ってマジに一回掃ける緩さww
あの緩さはテナーのMCのそれを超えておる。
ひなっちがリラックスしてる感じでとても良いね。
曲はすごいゴリゴリしてるのにっていう、そのギャップがまた良い!

セトリは、#5の位置の曲が微妙。
よく覚えてない…多分#5なんだけど。
それ以外は多分あっている。
大体2017年9月のリキッドルームと同じ内容ですね。
(新曲)以降は多分全部同じ。
ただラストのELEPHANT KINGは音源通り、
マジにタブゾンビ氏が登場して一緒に演奏するという豪華セット!
後述するFNTD完全版といい、この日はSOILとの絡みがあるのは豪勢にやってたね。

Money & Gameはいつ聴いてもかっこいい!
これはライブ鉄板曲みたいなところありそうだね。
テナーのメロストみたいな位置づけというか。
(曲調は全然違うけど)
ライブで毎回聴けそうな曲っていうのはいい。

(新曲)を含む、最近の2曲(DEPARTURE、Foglamp)は、
前回のリキッドルーム同様ひなっちがギターを振る舞う変則編成で、
それがまた違った聴きごたえを演出してくれ、とてもいい。
ひなっちがやってんのかと思うくらいのベースを唸らす伊澤さんもスゴイと思うんですよ。
って前回の日記でも同じことかいてますね。
毎回同じこと感動してるんですね。
俺幸せなやつだなあと思いました(小並感)。

「フルアーマーは2月27日に再度ライブが決定している」
「今日(1月7日)、物販エリアでそのチケットを売り出している」
という情報を受けてライブ後速攻でチケ確保しにいった。
余裕で買えました。
まあ一般でもイケただろうけど。
というわけで2月27日もフルアーマー参戦します。
月末だけどこれは確実にいきます。
いきたいです。
いければいきます。
いけるといいな。
いけるかな?

というわけでこれにてフルアーマーライブ始め!




   4.HINATA'S SESSION

ごめんなさい
この時間ホリエさんのおにぎり買うために
ほとんど外で行列してました…(´・ω・`)

いやほんとはフル出場できたはずなんだけど。
思った以上に並んでましてね。
結局ラストの5分くらいしか堪能できませんでした。

松下マサナオさんが「興奮しすぎて鼻血でた」って言ってたのはなんか記憶していて、
あとでアップされた写真で鼻にティッシュ詰め込んでたのは見たから、
多分合ってんだろうなとは思ったんだけど、
逆に言うとそのへんしか見れなかった。
ツイッターのフォロワーさんらの発言見る感じ、
このセッションすごかったらしくて、
見れなかったのは悔いている…
(その分おにぎり食えたからまあいいかって思うようにしました)




   5.LITE

セトリ↓
-----------------------------------------------
Ef
Tomorrow
Image Game
D
Bond
Infinite Mirror
100 Million Rainbows
-----------------------------------------------

フルアーマーに続き、2017年9月ぶりのLITE!

当時のセトリを見る限りでは似たような感じだったようだ。
あれからLITEを少し聴きこんでいたこともあったが
基本最新アルバム(Cubic)をメインに聴いていたこともあって
それ以外からの出展曲は少し予習が漏れてしまっていた。
ただその中でも、今回生聴き出来てよかったのが「Bond」!
全体的に爽やかな明るい感じのメロディで、
ギターメインにスピーディに進行する音楽はとても心地よく心に響く。
「エンドレスにずーっと聴いていたい」と思える良曲。
特徴的なイントロと、終始同じ明るさを保って進行するメロディはなぜか全く飽きない。
とにかく耳に残る、ある意味スゴイ中毒性をもった曲だ!
これはまたライブで聴きたいなあ。

そして今回もやはり生で聴けた「D」!
この一瞬不安にさせるメロディラインとズシッとくる中盤の流れ、
それが連続して畳み掛けるように続くのがもう最高!
これは「Bond」とは違う意味でエンドレスリピートしたくなる良曲。
やはり「Cubic」の中では一番好きですな。

去年のリキッドルームでApproaches4っていうライブ音源は手に入れていたので、
それに入ってた曲として「Infinite Mirror」「100 Million Rainbows」は聴きこんでおり、
今回それを改めて生で聴けたのが「Bond」に続く収穫だ。


「Bond」では、開始前にギターの武田さんがなんかをしくったらしくて、
イントロ部分で一回取りやめてもう一度仕切り直しになった。
2017年9月のリキッドルームのオニイ(フルアーマーだけど)にも確か同じことあったけど、
ド素人からするとどこをどう間違えてたんだかわからん。
完全なるプロい音だったが。
まあプロの人からしたらなんかパッとわかるミスがあったのだろうなあ。

確かフルアーマーのMCで聴いたのだが、
「LITEを見にボリビアから来てる人がいる」ってホリエさんが言ってて、
これは素直にすげえなと思った。
確かに会場付近で外国人の方何人か見かけたけど、
LITEメインのイベントじゃないのに外国からわざわざ駆けつける方がいるというのがすごい。
これが世界に通用するインストバンドの実力なんだなと感動した。

ちょっと話の趣旨がずれるが、
LITEとフルアーマーが対バンした2017年9月のリキッドルームでも、
また今回についても同様なのだが
LITEのほうはすぐさまLiveFansにセトリがあがったが、
フルアーマーのほうは俺があげるまで誰もセトリあげなかったのである。
(ちなみに今回で言えば野生も同様。インストバンドでセトリあがったのはLITEだけだ)
フルアーマーが大好きな俺からすると残念なようにも思うけど、
全世界的に見てLITEのほうが実力的に上だというのもこういう点が証明しているなと感じるのだ。

上の野生のコーナーでも書いたけど、
インストバンド(に限った話ではないけど)それぞれ個性が合って、
メロディラインとかにバンド固有の特性が現れる。
LITEにもLITEの「癖」みたいなのが出ているのは事実だと思うが、
フルアーマーから入った俺からするとやはりフルアーマーが一番それがシックリはまるが、
LITEの「癖」はインストバンド界隈としては比較的俺の趣味嗜好に近い。
これからも聴き続けていきたい。

まさか新年一発目のライブイベントでLITE聴けるとは思ってなかったけど、
これにてLITEのライブ始め!




   6.ストレイテナー

セトリ↓
-----------------------------------------------
DAY TO DAY
The World Record
Alternative Dancer
DONKEY BOOGIE DODO
シンクロ
シーグラス
KINGMAKER
From Noon Till Dawn
-----------------------------------------------

まず初めに言っておきたいのが
このイベント(HINA-MATSURI)のトリにテナーを配置っていう采配が個人的に既に神であり
ひなっちのテナーに対する思いや位置づけの重要さみたいのを改めて感じたし、
タイテ公開された直後にテナーの位置を見て俺はもうすでにそこで言葉にできない思いを奏でた

ナッシングスに比べると全体的にはひなっち目立つ曲が多い選曲のようだ。
ホリエさんも「ひなっちが選ぶと思った曲を選んでる」(みたいなこと)言ってたから
なんとなく通ずるものがあったのだろう!
その点でいえば、比較的ライブ出現頻度の高い「DAY TO DAY」や「The World Record」なんかは
ライブ頻出という観点ではなく「ひなっちがやりたがると思われる」という観点で選出されたのだろうなあ。

Alternative Dancer」の、恒例の「ホリエさん開始前独自アオリ」、
ここでひなっち25周年おめでとう!!」っていう感動のシャウト!!
素晴らしい曲の入りになった!
セリフが思いつかず無理矢理曲入りした新木場に比べるとすごい差のように感じるww)

続いて”まさか聴けるとは思ってなかったシリーズ”「DONKEY BOOGIE DODO」!
イントロがギターってこともあって、ベースが目立つ印象の曲ではなかったが、
最早レア曲の印象もある中での登用は単純に嬉しい!
CLONE出展の曲はいいのが多いからもっとライブ登用されてほしいよね。

「シンクロ」も、ひなっちがベースでゴリゴリする曲って感じではないんだけど、
2013年の武道館セトリでひなっちが毎日ひたすら「シンクロ」に投票していたって事実から、
なんとなくきそうだなとは思ってたらホントにきて面白かったw
イントロ部分をひなっちのベースとホリエさんの歌だけで展開するアレンジは最早定番化しているが
この日に限っては特別なシーンに見えて美しかったね!

そしてみんなが待ち構えていた「KINGMAKER」!
これはひなっちが昔から推してる曲ってことや、
事実ひなっちのベース全開の曲であるという点からしても、
HINA-MATSURIでやるだろうなってのは誰しもが予想してたところだろう!
個人的にもスゲー久しぶりに聴いた。
(一応イントロだけなら2013年の武道館で一瞬聴いてるけどwそれでも5年ぶりだ!)
ようやく弾けて良かったねひなっち!!
テナマニでの登用もぜひ期待したい!

ラストのFNTDは2013年武道館と同様、ソイル勢も参入しての通称”完全体”Ver!
2017年夏のヨシヒコフェスでは完全体が披露されたらしいが、俺は行っていないので、
完全体としてのFNTDを聴くのは恐らく2013年武道館以来5年ぶり!!
久しぶりに最高に盛り上がる(汗をかく)FNTDを体験した。
バーサーカーの発狂っぷりには及ばないけど、
この曲も開始直後~サビまでの前方のモッシュ(っぽい)様子は結構ヤバイよね。
ライブ前方と後方の人口密度100倍くらい違うと思うぞ!
(俺は前方w)

これにてストレイテナーライブ始め!
最高のイベントで最高のライブ始めを体験できた。
ひなっちに感謝!




   7.おわりに

テナー終わりからはアンコールの時間もなく(時間もちょっと押し気味だったたみたい)、
割かしすぐに終幕のムードに突入。
よくある記念写真もパシャリ!
公式でアップされた写真も見たが、
割かし前方にいたので多分どっかにいるはずだが見つけられなかった。
もう少しよく探してみるかな…

ひなっちは3年くらい前からこのイベントの構想をしていたそうだ。
長らく形にならなかったが、今回ぴあが背中を押してくれて開催に至ったと。
ぴあに感謝ですなあ。
このフェスは、ひなっちには酷だが、
個人的には自分の大好きなバンドがガンガン出てくる素晴らしいフェスで、
四半世紀といわず毎年開催をお願いしたいレベルである。

もともとひなっちは、このイベントを、故郷の町田で開催しようと思っていたらしいから、
可能であるなら次回以降は町田開催にしていただけると俺がすごく楽になる(めっちゃ近所だ)。
ただ、実情は良く知らないが、町田にこの規模のライブハウスがあるのかが激しく疑問ではあるが…

そして改めて我らがベースヒーローひなっちの四半世紀をお祝いしたい。
ひなっちベース道四半世紀おめでとう

テナーはメンバー全員が好きで、ひなっち個人の大ファンってわけではないんだけど、
テナーにおけるひなっちのアグレッシブなベースプレイは個人的にも好きで、
ナッシングスにはどちらかというとそっちの嗜好から入って行ったから、
この両バンドにおけるひなっちの存在は個人的にもとても大きい。
(ちなみにフルアーマーはホリエさんとひなっち両方がいるって理由から入ったw
 最初期は一応ホリエさん歌ってたしね)

インタビューでOJも言ってたけど、
バンドいくつも兼任してすごく頑張っているみたいではあるけど、
たまにはゆっくり休んでほしいとも思う。
一回ひなっちが鬱っちになったとき(あれもガチなのか演出なのか正直わからんところあるが)
耐え切れずにリプしたことあったけど、
大好きなナッシングスの曲「Isolation」の歌詞に以下のようなものがある

”If you are tired then why don't you rest
  There is no need to keep on running
  Burn your soul into these notes and verses
  Then this song will surely reach their ears
  (疲れたなら休めばいい)
  (走り続ける必要なんてないんだから)
  (ただこの音に魂を込める)
  (そうしたらきっと届くはず)


ライブにおけるこの曲の位置づけは
最早ガンガン盛り上がる為の布石みたいな印象になってるが
この曲が歌っていることは非常に心に響く。
これら最高の曲を奏でるひなっちとそのバンドに、
これからもずっとついていきたいですね!