rm /blog

IT系技術職のおっさんがIT技術とかライブとか日常とか雑多に語るブログです。* 本ブログに書かれている内容は個人の意見・感想であり、特定の組織に属するものではありません。/All opinions are my own.*

【Nothing's Carved In Stone】Mirror Ocean Tour@渋谷WWW X

いってきたぜNothing's Carved In Stone Mirror Ocean Tour@渋谷WWW X!!

 

IMG_3085.JPG



 


【もくじ】
1.セトリ/MC
2.会場




     1.セトリ/MC

------------------------------------------------
Mirror Ocean
In Future
Out of Control
Directions We Know
You're in Motion
Brotherhood
Ignorance
Flowers
Go Out
Stories
村雨の中で
Damage
Bog
The Poison Bloom
Mythology
Rendaman
Like a Shooting Star
ツバメクリムゾン
シナプスの砂浜
<EN>
青の雫
Winter Starts
November 15th
------------------------------------------------

初っ端ツアー表題曲「Mirror Ocean」から始まったわけだが、
俺はこの曲を少し見くびっていたね、
これはかなりライブ映えする曲だね!
ミドルテンポでそこまでノリノリってわけでもなく、
その点では過去作で初っ端を飾った「Like a shootingstar」や「YOUTH City」に比べると
正直パワー不足感は否めないなと最初は感じていたが、
ライブだとそんなこと全く気にならなくて、すごく”ライブに合ってる”のを感じた。
これはライブ映えしますわ。
イントロのウブさんの切り裂き系ギターや、サビ前のオニイの連打など、
盛り上がり要素が各所に点在してるのが「気が抜けない」って感じなのか、
なにかライブだと音源とは違う印象を受けてすごくいい曲に仕上がってた。
これはライブで何度も聴きたくなる曲だなあ。

この後立て続けに「In Future」、3曲目にして早くも「Out Of Control」!
この時点ですでに結構汗だく
連続して「Directions We Know」、いやーこれはアツイ。
アルバム聴いた時から思ってたけど「Directions~」はやっぱりライブの盛り上がりに適してましたな。
「Mirror Ocean」程の化け具合はなかったけどこれは安定した強さ持っていると思う。
予想に間違いはなかった!

「Ignorance」は最初曲名が出てこなかった。
思い出してからは「おお、アレやんけ!!」って思って勝手に感動。
カップリング専用曲からの出展はなんとなく個人的に「珍しい」というか、レア度感が強い。

村雨の中で」では、ウブさんのギターの弦のバネが外れたとかで、
後半半分くらいほとんどギター無で演奏するという異例の事態。
なのでみんなで大合唱してました
その後のMCも
ウブ「ごめんね、バネ外れちゃった(笑)」
拓氏「熱くなりすぎてバネ外れちゃったのね。お前らのせいだぞ!
観客「ウオオオオオオオオオー!!」
なんだこの面白い茶番ww
みんなノリノリすぎwww

今回初めて事実を知って驚いたのだが、
「The Poison Bloom」は拓さんが「ナッシングスで一番好きな曲」なんだと!
そうだったのか!?
意外。
なんでPosion Bloomなんだろ?
IsolationとかNovember 15thとかだと思ってたぜ。
シンガロングがあるからかな?
(まあSINGもガッツリシンガロングあるから「シンガロング」は理由じゃなさそうだが…)

「Bog」も過去作からの参入をしてくれて嬉しい。
過去のツアーでも過去作からとして出てきてくれたことがある。
いい曲よね。
中毒性があるよこの曲は。

「Mythology」の前に「神話って曲やります!」って言ってて、
「!?早くも新曲か!?」って思ったらMythologyだった勘違い。
恥ずかしい。
Mythologyって神話って意味なんだ…
TOEICスコア低すぎ人間、ライブで英単語を一つ学ぶ。

アンコ前ラストは「シナプスの砂浜」でシメたわけだが
その手前の4~5曲くらいは攻めまくりで、覚えてる限り
「Rendaman」→「Like a shooting star」→「Spirit Inspiration」→「ツバメクリムゾン」の連続コンボ、
あれは呼吸困難になりそうなくらいだったな……
実際なんかガチ失神?だかで倒れた人いて、運び出されてましたよね(後述)
まあナッシングスは最後付近に畳み掛けるように
こういうノリのいいやつ連続で突っ込んでくる節ありますけども。

しかし、「シナプスの砂浜」でシメるってのは意外だったね。
アルバムのレコ発ツアーって背景を考えるとシメは「青の雫」かとばかり。
シナプスの砂浜」も確かにシメにも適任な感じはしなくもない。
この曲はいいですね。やはり名曲です。
個人的に、「シナプスの砂浜」のときの照明の色がとても記憶に残っております。
青ではなく、緑でもなく、エメラルドって感じでもない、
すごく綺麗な海の色に近いような優しい色と言いますか、
なんかとにかくそんな感じの、「砂浜」という曲のタイトルに近い雰囲気を持った照明で、
あれがまた原曲の不思議な感覚を表現している気がして、良い演出だなと感じた。

アンコでは「青の雫」「Winter Starts」「November 15th」が披露される。
レコ発ツアーなのに「青の雫」「Winter Starts」はアンコに回ってしまった。
後述しますけども「Winter Starts」は結構ライブ映えする曲だった。
これは意外な発見。
音源で聴いた明るくてポップな感じがライブだといい感じに化ける。
レコ発なんだし、アンコより手前でやればいいのにとすら感じた。
この2曲がアンコに回されたのはなんか理由があったのかな。

「November 15th」手前では「始まりの歌やります」って言ってたから
てっきりIsolationかと構えてしまったが違った。
この日2回目の勘違い!
「November 15th」では前方でゴロゴロ転がってた連中がチラホラ。
すげー無理矢理人の上に登ろうとしてたのは後方で見てたので、
「ああ、頑張ってるなあ」となぜかしみじみ感じていた。
拓さんそれ見て笑ってたのが印象的である。

拓さんも言ってたけど、
ウブさんギター事件を含め大小いろいろアクシデントがありましたな。
拓さんの靴ひもがほどけたとかで最前列の観客に靴ひも結ばせるという変な間もあった。
「贅沢タ~イム(笑)」とか言ってたの面白かったなww

あと、上でも書いたけど、ラスト付近の連続攻めまくり時(Rendamanだったかツバメだったかの時)
曲中に観客の一人が倒れて(失神?かな)他の観客に運び出されるというアクシデントも。
俺の2~3列前方右斜め前あたりで倒れて運び出されてるの見た。
なんか結構前にもナッシングスのライブで倒れて運び出される人見た記憶あるな…
って思って自分のブログ探したらEXISTENCEツアーのZepp TOKYOだった。
前回は開演前だったし女性だったが、
今回は演奏中だし男性(だった気がする、暗くてよく見えなかった)なのでまあ関係ないんだけどね。
この曲の後、一息ついた時に拓さんがマジ顔して「ありがとう」って観客に言ってたの、
多分「倒れた人看護してくれてありがとう」って意味だと思うんだけど、
それ聞いて笑ってた人もいたからこの辺の事情知らないんだろうな~とも思ったり。

ライブでは武道館に関するMCもあり。
松村氏「武道館も来てね。武道館来る人ー?」
みんな「はーーーーーーーーい!!」
松村氏「やったぜえええええーーーーーー!!!」
ってw
拓さん面白い。
個人的な記憶と印象では、そのときの拓さんのイメージは完全にコレ↓

 

IMG_3090.JPG
だったんだが、
その後フォロワーさんに聞いた感じでは「両手挙げてガッツポーズしてた」らしいから
その点だとこっち↓のが近いかもしれない。

 

IMG_3109.JPG
「ライブ映えするなあ」って思ったの、今回ライブで聴いた感じ、Mirror Oceanの曲は結構そういうの多かったな。
アルバム聴いた時の感想で「これはライブで盛り上がるだろうな」って思ってた
「Directions We Know」「Storeies」「Damage」あたりは予想通りといえばそうだったが、
「Winter Starts」とか「Flowers」とかもライブで聴くと「おっ!?いけるやんけ!!」って感じで。
特に「Mirror Ocean」「Winter Starts」は収穫ですな。
今後のライブでも十分活躍できますよこれは!

ところで、水戸ライトハウス千葉LOOKのセトリ見たんだけど、
アンコラストのNovember 15th以外全く同じのようですね
→水戸だと「白昼」(聴きてえww)、千葉LOOKだと「Sands Of Time」(聴きてえww)だった
普通アンコ前のセトリ部分も1~2曲ズラすもんだと思ってたけど、
「アンコ最後の曲だけ変える」ってのも徹底してて面白いね。
今回ツアーのテーマなのかな?
新木場だと何が来るのか?期待!!

 





     2.会場

会場の渋谷WWW Xには今回初めて来た。
昔(※後述)結構渋谷来たことあったのに、
こんなところにライブハウスあるって全然気付かなかった。
新発見である。
ライブに行くようにならないと目もくれないんだろうね、こういうの。
渋谷はクラブクアトロといいこじんまりしたライブハウスが多いようだな。
まあ場所柄そんなに大規模なライブハウス建てられないんだろうねえ。

WWW Xは地上にあるのか地下にあるのかよくわからん立地だったな。
行くまでに「俺は今何階辺りにいるのだ??」って混乱するというか。
エントランスまでは階段を3~4階数分上らされて、
内部で1~2階数分また下りていく作りになっていたから、
ライブハウス自体は地上1~2階あたりにあるんだろうな、って予想。
一応公式HPの案内でもそう書いてあるね。
階段を上ったり下りたりする感じが混乱をきたす、という意味である。

ツイッターのフォロワーさんら数名と偶然遭遇する以外は今回会う相手がいなかったんで、
とりあえず一人で虚空とカンパイ。

 

IMG_3089.JPG
思ったより寂しい…
昔はこんなん日常茶飯事だったのに…
友達が出来てからのライブ後の一人飲みって虚しさすら覚える…
後からTL見てたら結構いろんなフォロワーさん来てたみたいだから
ナッシングスっぽい人たちに片っ端から声かければよかったなと後悔している。
渋谷WWW Xはキャパの関係でかなり「狭き門」だったみたいで、
フォロワーさんでも抽選当たらなかった人も結構いたという話を聞いており、
俺が普通にチケット取れたのも基本的には奇跡の類であり、
チケット難民が大量発生してあんまりみんな来れないもんだと思っておった。
甘かったようだな。
ナッシングスのファンは行きたいライブには是が非でも行くぜ!って熱量を感じた。

会場である渋谷の、特にセンター街のほうに来るのはスゲー久しぶり。
10年以上ぶりくらい。
社会人になってからはめっきり行かなくなってしまったからなあ。
(まあ職場の沿線から外れたって理由もあるけど…池袋や新宿が多かった)

ツイッターでも話したけど、
スペイン坂に「人間関係」ってカフェみたいなパブみたいな店があるんだけど、
ここ学生時代によく行ってたんだよね、今の嫁さんと結婚する前に。

 

IMG_3083.JPG
懐かしい。。。
昔(12~3年前)は全席喫煙可で、
まだイキってプカついてた頃は意味もなくタバコ吸ってましたな。
もう時代の流れ的に全席喫煙ってのはできなくなってるんでしょうなあ…