rm /blog

IT系技術職のおっさんがIT技術とかライブとか日常とか雑多に語るブログです。* 本ブログに書かれている内容は個人の意見・感想であり、特定の組織に属するものではありません。/All opinions are my own.*

ジョジョ展にいってきました

というわけで転職前の有休消化期間中去る2018年9月10日にジョジョ展にいってきたんだぁああああああ~~~~~~ッ

 

f:id:rmrmrmarmrmrm:20190317224611j:plain

 

 




俺は有休消化期間中だったので休みを取るなど造作もないので、平日嫁さんの休みに合わせてデータがてら平日六本木までいってきたのだ。
六本木の街は該当の旗のいたるところに「JOJO」!の旗が挙げられておりJOJO愛が溢れて止まらないッ!

f:id:rmrmrmarmrmrm:20190317224555j:plain

 

f:id:rmrmrmarmrmrm:20190317224600j:plain

 

f:id:rmrmrmarmrmrm:20190317224605j:plain




館内は一部を除いて撮影禁止だったが、過去ジョジョ展で披露された各部のスペシャル原画がデッカク置かれておりこちらは撮影可能。
正直当時ポストカード買って家に飾ってあるので「写真に穴が開くほど見てまさぁ~!」って感じなんだが当然ジョジョファンとしては原画!撮らずにはいられない!

f:id:rmrmrmarmrmrm:20190317224618j:plain

 

f:id:rmrmrmarmrmrm:20190317224623j:plain

 

f:id:rmrmrmarmrmrm:20190317224628j:plain

 

f:id:rmrmrmarmrmrm:20190317224633j:plain

 

f:id:rmrmrmarmrmrm:20190317224638j:plain

 

f:id:rmrmrmarmrmrm:20190317224644j:plain

 

f:id:rmrmrmarmrmrm:20190317224649j:plain

 

f:id:rmrmrmarmrmrm:20190317224655j:plain



(本当はもっといっぱい動画も含めて撮りまくっちゃってるんだがいったんこの辺にしておいてやるぜ)

この定助と康穂は初見な気がするなあ。

f:id:rmrmrmarmrmrm:20190317224700j:plain



このブチャラティ徐倫は2012年当時から見ていた記憶がある

f:id:rmrmrmarmrmrm:20190317224709j:plain

 




テーマ絵になっている承太郎&富士山と、DIO&月については、「富士山が三角形、月が円形で、両者が(幾何学的に)対照的に映るように考えた」と荒木先生の構想がコメントとしてあった。
深いなああああああ~~~~~ッ
さらに印象的だったのが「このDIOの表情。哲学的でいいですよね。『なんで負けたのかな』なんて考えてるのかもしれませんね」っていう荒木先生のコメントですね。
「なんで負けたのかな」ってそりゃアンタが負けるように描いたからだろうがよ!!なんて野暮なことは言う気にもならねえぜ…
今回に限った話ではないんだけども、荒木先生は、自分で描いたキャラを完全に自分のコントロール化においてないというか、キャラ自身に自立心?の枠を持たせているというか。そんな節があり、より面白さが際立つなと思います。
「重力」のくだりで似たような巻頭コメントがあった(キャラが自分の意思に反して自由に動き出す瞬間がある)けど、それの延長なのかもしれないなああ~~

まじでDIOのこの表情は「なんで負けたのかな」って思ってる風に見えるからスゴイ。
そして彼にはよォオオオ~~~永遠にわからないんだろうなァアアアア~~~~便所のネズミの糞にも劣る考えだからよォオオオオオオオ~~~~~ッ

東京は承太郎、大阪はDIOなんだそうだ。
DIOの絵はコンパクトサイズの展示を見たは見たが、東京公演レベルのでっかいサイズの絵は見てないので、大阪のも見てみたい気がするなあ。




目玉になっていた「巨大原画」に関しては、やはり間近で見ると「圧巻!」の一言。
徐倫とかまじで実在の女子っぽいレベルで描かれていたからすごい。
「最初はジョジョ各部の主人公を描くつもりでいたが、シルエット等を考えて登場させるキャラは変更した」とのことで、実際古今いろんなキャラが描かれていた。
徐倫や定助なんかは主役ではあるのだが、吉良吉影(4部)やハーヴェスト(やはり一番好きなキャラのスタンドだからか)、ウェザー・リポートやD4C、カーズ等、わき役や敵キャラからの登場も目に入った。
「シルエットを意識した」という言葉になかなかしっくりくるものもあり、D4Cの長い耳やウェザーの特徴的な帽子なんかはそこにつながるものがあったのかもしれんなあ。

「巨大原画」を描くのは漫画家的に初の試みであり、なかなか苦労されたようで、その制作動画も一部抜粋して公開されていた。
なんかね、スプレーで背景描くときに、濃い赤紫?みたいな色でシャーってやってたんだけど、「あんな色どうやって選べるんだ?」ってのが不思議なほど個性的で、それでいて全体的にしっくるくる色使いをしているのがすごいなと思いましたね。
漫画家としてではなく画家としてもすごいレベルの人なんだなと改めて実感した瞬間であった。




グッズについては、たどり着いたときほとんど「完売」で全然目当てのもの買えなかった(´・ω・`)
Tシャツとかほしかったんだけどね。
結局買ったのは「STEEL BALL RUNの名刺入れ」くらいですね。
グッズ売れすぎ。
これでも一応午前の一番早い回に行ったんですけどねえ。。
こういうのに一定数転売屋がいると思うと嫌~な気持ちになりますねえ(;ーー)




ジョジョ展ってなんだかんだ2~3回開催されてる気がする(詳しく数えてない)が、2012年六本木で開催された最初の1回目にいって以来、久しぶりの東京会場での参戦だったッ!
2012年参戦したときは「君のスタンドを一緒に念写しようッ!」みたいな参加型企画があったのだが今回はそーゆ~のはなかったなあああああ~~~
ちなみに2012年のときにその企画で一緒に撮ったときはキラークイーンが一緒に写ってくれたんだぜェエエエエエ~~~~~~ッ

f:id:rmrmrmarmrmrm:20190317224149j:plain



さらにどーでもいいことを言うとッ!その日にストレイテナーのBRAND NEW EVERYTHING TOUR新木場のライブにいってたんだよなァアアア~~~~~ッ

f:id:rmrmrmarmrmrm:20190317224141j:plain



テナーのライブ終わりに↑の写真撮ってるときに2人組の女子に「あッ!『ジョジョ展』ッ!?いったんですかッ!?あははははははウケルううううううう~~」みたいに笑われたのはなんかすごく印象に残っているのだッ!
あの女子たちいまだにテナーファンなのだろうか。
もしそうならぜひカンパイしたいものだなああああああ~~~~